高齢者の見守り電話ヒアリング専門 ぐれいとふる・まざー

福祉用具を見直してみませんか?

time 2020/02/02

福祉用具を見直してみませんか?

病気や老いにより、日常生活を今まで通りに送ることが難しくなった方を手助けする道具として、数えきれないほどの福祉用具が存在しています。
杖や歩行器、車いす、手すり、ベッド、簡易トイレなど、ご家族が使用しているということもあるのではないでしょうか?

援助が必要な方の生活を支え、時には介助者をも助ける福祉用具。
しかし、そんな頼もしい福祉用具も、本当にその人に合ったものを正しく使用しなければ、怪我や症状悪化を引き起こす可能性も隠れているんです。

今回は、そんな福祉用具のことを見直すきっかけになるお話をさせていただこうと思います。

 
本当にその人に合った福祉用具を選んでいますか?

何万とある福祉用具の中で、実際に使用するものを選ぶ場合には、使用する本人や家族、福祉用具のプロである福祉用具貸与事業所のスタッフ、医療介護スタッフなど、様々な方が関わりながら決定していきます。
そのため、使用するご本人の状態を理解し、懸命に支援している多職種スタッフが決定した福祉用具であれば、一番その人に合ったものであることがほとんどです。

しかし、

福祉用具は日々進歩しています。
更には、使うご本人の状態や状況も、日々変化していきます。

そこが福祉用具選定の難しいところです。

例えば、
車いす移動だった方が、実は歩行器を使用すれば歩けるだけの能力があっても、生活上ではずっと車いすが使われていることにより、その人本来の機能を知らず知らずのうちに低下させていた、とか。

歩行補助具の中でも、病気の症状として歩行時に手が震えてしまう方には、手すりや杖の使用よりも、歩行器を使用した方が良い場合があった、とか。

突進歩行で転倒の危険性が高い方でも、歩く速度を抑える機能が付いた歩行器を使用することにより、安全に移動ができるようになったなど。

以上のように、「歩く」を補助する福祉用具だけでも、選定するポイントは数多くあるんです。

 
福祉用具を正しく使用できていますか?

福祉用具を使用する中で、もう一つ大切なポイントは、「福祉用具を正しく使用できているか」ということです。

例えば、寝たきりの方に対し、高機能介護用ベッドを使用していて、食事や日中の離床時間にベッドを起こすことはよくありますよね。その際、ご本人の体をベッドの足元にずらしていたり、体を斜めにした状態でベッドを起こすと、ご本人の体勢は苦しくなり、それが原因で、必要以上に体の関節が固くなったり、褥瘡(じょくそう)ができる可能性があります。

また例えば、車いすは多種存在し、それに付随して車いすのクッションも様々な用途・状態に合わせて多数存在しています。

車いすもクッションをご本人の状態に合わせて調整できていない、あるいは、正しく座らせてあげられていないと、その方は安楽な姿勢がとれなかったり、本来は立ち上がれるだけの能力を持っているのに、その車いすとクッションの形状・機能を理由として、自分では立ち上がれなくなってしまうような、ご本人・福祉用具双方にとって「宝の持ち腐れ」状態になってしまうのです。

 
「小さな変化への気づき」と「専門家の見地」に頼る

本当に親御さんに合った福祉用具を選べているか、正しく使用できているかについては、なかなかご家族様だけでは判断がしづらい部分ですが、

「最近動く時に危ない場面が増えた」
「必要性が低いと感じてきた」
「親はこれでいいと言っているけれど、どうも腰に負担がかかっているようだ」

など、親御さんの日常の小さな変化にアンテナを張っていただくことで、

あれ?もしかして

を発見することができるはずです。

また、今使用している福祉用具の見直しも含め、福祉用具貸与事業所や担当のケアマネージャーにお気軽に相談してみてください。

もちろん、私どもにご相談いただいても適切にご対応させていただきます。

コメント

代表者・統括責任者

グレイトフル・マザー代表者の西山です

大切な親御様を見守り、生活の質を向上するサポートを行なうことで、真摯に、少しでもたくさんの幸せを感じていただけるお手伝いをいたします。
ご希望・ご要望等、お気兼ねなくお問い合わせください。
 

代表者 西山

 

ご利用料金は後払いです

おきがる相談室への登録