高齢者の見守り電話ヒアリング専門 ぐれいとふる・まざー

親に共感し、親を肯定するテクニックなどない、残念ながら。

time 2020/02/01

前回は、親が頑固・不機嫌になるのは、高齢者だからこその事情があり、親に共感し、肯定することで気にならなくなる、というお話でした。

高齢者の頑固・不機嫌 こうすれば気にならない。

では、親に共感し、親を肯定するには、どのようにすれば良いかというのが、今回のお話です。

「共感する」とは、すなわち、「そうだよねー」と親と同じように感じることを意味します。親の言動について、自分も本当にそう思っている、というものです。

「肯定する」とは、すなわち、「そのとおりだよー」と親に同意を示すことを意味します。
親の言動に、「Yes」で返すことです。

似て非なるものですが、共通しているのは、親の言動を本当にそのとおりだと思っていれば共感することも肯定することもできますが、そうは思っていないのであれば、共感することも肯定することもできません。

 
無理に思うのは我慢でありウソ

そもそも、「親にイライラさせられる」のは、親の言動に対して、まったくそのとおりではない、親は間違っている、ヘンだ、おかしい、と感じるからこそであって、それなら、とても共感することはできないし、肯定することもできません。

かといって、無理やり共感するのは無理が出てきて、それは共感ではなく、ただの「我慢」であり、我慢がそう長く続かないことは、誰もが知るところです。

無理やり肯定することもそうです。
親が、明らかにおかしなことを言っているのに、無理にそれを肯定すると、親の言動はどんどんおかしなほうへと行ってしまうかもしれませんし、何より、無理な肯定は、あなたのただの「我慢」であり、ストレスの原因となります。

共感する、肯定するといっても、これら自体、意図してできるものではありません。

共感・肯定のテクニックなどないのです。

あるとすれば、ウソをつくことです。共感していないのにしているようにする、肯定していないのに肯定しているようにする。そんなウソを、10年、20年もつき続けることなどできません。早晩、良心の呵責にさいなまれるはずです。

 
共感・肯定できる唯一の方法

じゃあ共感も肯定もそんなのできない、と思うのは早計です。

あります、唯一無二の方法が。

それは、親の言動に対し、「そうだよねー」と、本当にそう思えばいいのです。無理に共感するのではなく、本当に共感すればいいんです。

拍子抜けするかもしれませんが、これが唯一の方法です。

これは、あなたの親に対する気持ちの持ち方一つで、できます。

「親がとんちんかんなことを言う」「ああ言えばこう言う」「自分に対して好戦的だ」などなど、あなたがイライラする親の言動は、前回触れたように、加齢による機能の衰えがそうさせています。決して、あなたのことが嫌いなわけではありません。仮にあなたのことが嫌いになっていたとしても、それは加齢による機能の衰えがそうさせているだけであり、本質的に、あなたのことが嫌いになったわけではありません。

今の親にとって、このような表現が精一杯なんです。親は今でも、あなたの心の中に残っている「あの優しかったお母さん」そのものです。人生が終盤に差し掛かり、機能が低下しているだけで、あのときのお母さんなんです。

そのお母さんに、あなたはキツく当たるのですか?イライラするのですか?「あの優しかったお母さん」と今あなたの目の前にいるお母さんは、同じお母さんですよ?

肯定できないのもそうです。

あなたが親の言動にイライラしている状態なら、親の言動に、なんでも「Yes」で返すのは、単に隷属的になるだけです。平たく言えば、召使いです。

あなたとお母さんとの関係は、主人と召使いだったのですか?「あの優しかったお母さん」と「そのお母さんの大切な子供」だったのではないですか?今あなたの目の前にいるお母さんは、同じお母さんですよ?

あなたがイライラして、共感も肯定もできないのは、お母さんを自分に寄り添わせようとしているのではないですか?

逆です。

寄り添うのはあなたのほうです。

 
 
 
と、少し強めの口調でバラバラっとお伝えしてきましたが、

申し上げたいことは一つで、自分が知っている親ではすでになくなっているとしても、それは親が「変わってしまった」わけではく、ただ機能が衰えただけの、あなたが大好きないつもの親です。

このことに、改めて気づいていただきますと、共感も肯定も、そんな言葉すら出てこないくらい、当たり前のようにできるはずです。

そして、親御さんとあなたは、一緒に幸せを感じることができるはずです。

なかなか、そんなにうまくはいかないかもしれませんが、それでも、「あなたが大好きないつもの親は今もいてくれている」という事実を大切にすることで、今の親への見方がガラッと変わってくるはずです。

コメント

代表者・統括責任者

グレイトフル・マザー代表者の西山です

大切な親御様を見守り、生活の質を向上するサポートを行なうことで、真摯に、少しでもたくさんの幸せを感じていただけるお手伝いをいたします。
ご希望・ご要望等、お気兼ねなくお問い合わせください。
 

代表者 西山

 

ご利用料金は後払いです

おきがる相談室への登録